不倫時は弁護士を活用


自分自身がパートナーを裏切って不倫をしてしまい、その結果として慰謝料を請求された場合や、自分がパートナーに裏切られて不倫をされてしまい、その結果として慰謝料を請求した場合などには、基本的には当人同士の話し合いで慰謝料の金額を決めることが可能です。あくまでも当事者同士が納得しているのであれば、その金額がいくらであっても問題ありません。

弁護士法律などで上限や下限が決まっているわけではないので、お互いが納得していることならばいくらでもいいのです。しかし、特に離婚に発展するような不倫においては、受け取る側は少しでも高額に、払う側は少しでも少額におさめておきたいのが本音です。このように相反する立場で話し合いをしても、お互いに譲歩しない限りは話がまとまりません

そのため、当事者同士での話し合いでは平行線をたどるだけでまとまらないことが多いため、今は弁護士に依頼する夫婦が多くなっています。弁護士を入れることで世間一般における同様のケースでの慰謝料額が提示され、それによってお互いが納得することも多いのです。さらに第三者が入ることでお互いが冷静に話し合えるとも言われているため、弁護士は慰謝料問題において大活躍しているのです。